Message

代表メッセージ

原点を見つめれば、
これからの人材・企業の姿が見えてくる

世の中が大きく変化している今、働き方や生活スタイルが大きく変わってきています。そうした中、企業も働く個々人も、その在り方を改めて問われています。

企業は、目まぐるしく変わる環境に適応しつつ、多様な働き方を許容できる組織づくりを目指しています。それと同時に、改めてその企業の存在意義(ミッション)も問われているのではないでしょうか。

持続可能な経営を行っている百年企業は、その企業が担っているミッションを明確にし、短期的な利益よりも長期的な利益を重んじながら、そのミッション実現に向けた経営の実践、人材育成を実践しています。この百年企業の経営スタイルが、世界からも注目を集めており、これからの企業に求められていると言えるでしょう。

一方、働く個々人は、満員電車にのって毎日通勤する必要がなくなり自宅で仕事をする、といった働き方が大きく変わり時間の余白が生まれたことで、自分が本当にやりたいこと、やるべきことに立ち戻り、キャリアチェンジを考える方が増えています。

郊外に移住する人も増えるなど、好きな場所に住んで仕事ができる環境が整ってきていることも、やりたいことや好きなことを考えるきっかけになっていると言えるでしょう。新しい働き方が広がるほど、自分は何をやりたいのか、自分の存在意義は何なのか、を真剣に考え、見出していく必要があります。

当社は、個々人が自身のやりたいことや強みに気づき、自分らしい豊かなキャリアを歩むために必要な知識の習得や実践の機会を提供しております。丁寧なカウンセリングに基づいた「転職支援」を行うだけでなく、ひとりの人生に真摯に向き合うキャリアチェンジの支援サービス「個別コンサルティング」や「オンラインサロン運営」などを通して、強みを活かし、やりたいことで仕事を創り出すサポートをしております。

さらに、企業が自らの存在意義に立ち戻り、本当に必要な人材を見い出し採用していけるよう「人事採用コンサルティング」や「人材紹介」などのサービスを提供させていただいております。

時代の大変革期である今だからこそ、企業も個人も自らの原点(存在意義)に立ち戻ることで元気を取り戻し、日本経済そして世界経済を通して、世界中を可能性の満ち溢れた素晴らしい生命共同体にすることができると信じています。

当社は、経済の持続可能な発展に向けて、そして、次世代を担う子供たちが夢や希望を心に抱き、生き生きと自らの可能性を開花できる環境を築くため尽力して参ります。

代表プロフィール

田中勇一

リソウル株式会社 代表取締役
多摩大学大学院 客員教授
一般社団法人中小企業個人情報セキュリティー推進協会 代表理事

京都大学理学部卒業後、住友銀行(現三井住友銀行)入社。米国カーネギーメロン大学にて MBA 取得。帰国後、銀行のALM業務に携わったのち、ビジネススクール運営会社に転職し、人材・組織開発コンサルティング会社の立ち上げに参画。その後、経営人材の紹介をコアとする成長事業支援会社を経て、新銀行東京設立プロジェクト草創期に2年間携わり、採用統括責任者として 5,000 人以上の応募があった公募採用で陣頭指揮をとり、銀行立ち上げに大きく貢献する。

現在は、リソウル株式会社を設立し、大手GMSの銀行設立プロジェクト参画、法人向けの人事・採用コンサルティングや経営相談、個人向けには起業支援、転職支援、キャリアカウンセリング等に取り組む。2010年4月には日本初の社会起業家育成のビジネススクールである「社会起業大学」を設立し、グローバルに活躍できる社会起業家育成にも従事。

2013年4月に多摩大学大学院客員教授に就任。2016年4月に一般社団法人公益資本主義推進協議会副会長に就任。2021年11月に一般社団法人中小企業個人情報セキュリティー推進協会代表理事に就任。

これまでに1万人を超えるキャリアカウンセリングを実施し、多くの人の自己実現に貢献。
主な共著に「たかがMBAされどMBA」「やりたいことはよくわかりませんが、私の適職教えてください!」がある。
将来の夢は理想の中高一貫教育を実践する学校の設立。